空間構成の初めの第一歩 一級建築士 製図特訓 配置計画基本編 復習用

製図特訓 配置計画問題
ノロアリ
ノロアリ

おはようございます、こんにちは、こんばんわ。ノロアリです。

配置計画を疎かにしている方

配置計画は空間構成の第一歩です。
それは下記のブログの「配置計画の問題をやっている理由」を読んでいただけるとわかると思います。

ノロアリ
ノロアリ

空間構成のおさらいです。

ー空間構成ー
  1. 建築物の配置計画
  2. ゾーニング・動線計画
  3. 要求室等の計画
  4. 建築物の立体構成

※「重要な要素順」になってます

タカすけ
タカすけ

上記で空間構成についておさらいしましたが、配置計画は第一歩目です。

配置計画は2〜4にも大きく影響してしまいます。

スポンサーリンク

基本 問−2 配置計画

製図初受験者の方は目安時間+5分で15分
2回目以降の方は10分で解きましょう

解答 問−2

解説 問−2

まずは流れの確認配置計画の流れ

1. 条件整理
2. 人の流れを敷地にプロット
3. アプローチ検討
4. 駐車場、駐輪場計画
5. 広場の計画
6. 建物形状検討

1. 条件整理 

駐車場

送迎用P 1台
車椅子P  1台
サービスP  4台

駐輪場  10台

テラス

施設利用者用の屋外広場とは
・施設を利用している人が利用できる=敷地周辺を歩いている人は勝手に出入りできな
 いようにする。
 上図の左側中央に書いているイメージです。

・公園に面して=敷地南側に計画(絶対条件)
間口が広い方が日照条件・景観がよくなる(絶対条件ではないことに注意)

・地上に=2・3階ではない(絶対条件)
注)2・3階に屋外施設を設ける場合などは、試験元に屋外テラスとの違いを表現すること

・約100m2=±1割程度の広さ

2. 人の流れを敷地にプロット

集合住宅が敷地北・東・西側、南側には公園がある。
集合住宅が周囲にあることから、不特定多数の人が集まる場所ではないことがわかります。

基本

歩道付きの道路側に歩行者が多いこと
道路幅員が広い方が車通り、人通りが多い

そのため上図の右側のような流れが見えてきそう

3. アプローチ検討

人通りが多いのは道路幅員の広い方なのでアプローチの基本のA案

道路の幅員の広い方・・・利用者アプローチ
道路の幅員の狭い方・・・管理アプローチ

もう一案アプローチの変化版のB案

道路の幅員の広い方・・・利用者アプローチ
道路の幅員の広い方・・・管理アプローチ

B案で進める時の注意点は
アプローチがどちらも道路の幅員が広い方なので動線が交錯しないようにすること

今回は、基本のA案で進めます。

4. 駐車場、駐輪場計画

まずは駐車場
問1同様

利用者・管理とも交差点を避けます。
車の出入り箇所が交差点近くにあると(交差点は人が溜まる場所)
人との接触
車との衝突
など事故が起こりやすく危険です。

駐輪場は駐車場と意図的に離した位置に計画します。
自転車と車との衝突を避けるためです。

5. 広場の計画

続いて広場→今回は屋外テラス

条件がより、ここしかないといった感じです。

屋外テラスの絶対条件は↓

絶対条件
  • 公園に面すること
  • 地上に設けること
  • 約100m2の広さが必要なこと
タカすけ
タカすけ

南面にまとめて配置、間口を広く配置など(自分がこうしたい)
いろんな考え方がありますが
上記の絶対条件(試験元の要求)だけは守るように!!

ノロアリ
ノロアリ

確かに私も自分のしたいことと試験元の要求がエスキス中にごちゃ混ぜになって採点でランクⅢやⅣになったことが多くあるよ。

6. 建物形状検討

タカすけ
タカすけ

残りの場所が建物になります。

ノロアリ
ノロアリ

タカすけくん

ここでの注意点は何かあるかな?

タカすけ
タカすけ

ここでの注意点はね
細かい寸法などを考慮はしないこと。
位置関係さえ掴めればOKです。

残りは建物内の
利用者ゾーン
管理ゾーン
を記載すれば、ざっくりとしたゾーニングもできます。

まとめ

令和2年の試験ではこんな敷地はでないと思いますが、基本的なことが詰まった問題を作ったつもりです。
隙間時間でぜひ挑戦してください。

そして自分の能力を少しでも向上していただければ幸いです。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。