一級建築士 初心者用 基準階タイプ 製図特訓エスキス初級編 問題3−2

製図特訓

おはようございます、こんにちは、ごんばんわノロアリです。

ノロアリ
ノロアリ

基準階タイプは時間と面積の2つに注意が必要ですよ。

そのため最初のミッションをクリアしていくことを意識しようね。

最初のミッションの確認をします。

最初のミッションとは

1. 基準階部をどれだけコンパクトにまとめるか
2.基準階部をどれだけ早くまとめるか

の2点です。

ホテルや研修施設のような宿泊系かつ要求室の多い用途は

I型を選択することで最初のミッションを簡単にこなすことができます。

その他にも以下の理由があります。

I型プランの選択理由

コンパクトかつ早くまとめられる他にも

  • 採光が取れる
  • 作図時間も少なくて済む

しかし、I型だけでまとまるような試験問題にはなっておりません。

エスキス初級編3シリーズでは、I型でできない場合の「手法」と「考え方」を問題を通してお伝えできればと思います。

では早速問題3-2をやっていきましょ!!

スポンサーリンク

問題3-2

用途はホテルです。

問題2-2の条件変更パターンです。

敷地の東西方向が50m、南北方向が36m

2階に2層分の大空間があるため3階の基準階に制約があります。

変更しても意識してほしいことは

面積オーバーにならないようにコンパクトにまとめていくこと
エスキス時間の長期化防止のため目安時間10分で完了すること

エスキスは時間の引っ張り癖を付けないよう10分で必ず終了。

間違えててもいいと思います。
間違えたら、復習してもらえればいいです。

今回も基準階のみのプラン完成すればOKです。

解答3-2

解説3-2

概要

改めて用途はホテルです。
住むわけではない=一時的な滞在
なので北面採光があってもOKです。ここまでは問題2-1と同じ

敷地の東西方向が50m、南北方向が36m

2階に2層分の大空間があるため3階の基準階に制約があります。

リゾートホテルでないので景観もシビアに配慮は不要。
それを踏まえて

1.要求室の整理

まずは1フロアに何室必要かを整理します。

シングルSは間口が3.0m以上、面積が20m2/室で12室必要です。

ツインTは間口が4.0m以上、面積が25m2/室で2室必要です。

車椅子使用者用は、面積が40m2で1室必要です。

残り必要なのは
リネン室、利用者コア、管理コア
そして廊下

以上が基準階に必要なものです。

ノロアリ
ノロアリ

ここを疎かにしてしまうとあとでとんでもないしっぺ返しがありますよ

2.とりあえず並べる

まずはI型

問題2-2同様
ホテルは基本I型のプランで進めます。
中廊下型で両面居室となる型です。

I型の特徴

一番コンパクトで単純
採光が取れる
作図時間も少なくて済む

と言った理由からです。

ノロアリ
ノロアリ

I型の特徴が選択理由になってます。

大切なことだから、何度も何度も言います

先程整理した室数を端から単純に並べます。

まず面積が20m2の倍数であるシングルSの12室、車椅子使用者用の1室を並べます。

続いて、廊下をまっすぐ

ツインTを廊下を挟んで逆側へ(こちら側は面積25m2の倍数)2室並べます。

残りは、リネン室とコア

全部並べました。

大空間は面積がわからないですが最低でも短辺方向9mぐらいは必要になってきます。

そして基準階の長辺方向が42mもしくは43mになるため

敷地のX、Y方向ともに敷地内に納まりません。

ツインコリダー型もしくはL型

納まらないので

I型が無理なら

ツインコリダー型
L型

のどちらかで進めます。

ちなみにI型でいくとX方向7コマ、Y方向2コマの計14コマになりそうなので

どちらでもそのコマ数に合わせて計画していきます。

とりあえず並べてみましょう。

ツインコリダー型で並べる

シングルSが12室あるので半分ずつ南北に

ツインT2室と車椅子使用者用を配置

利用者用コア、管理コア・リネン室を配置します。
ここまでの並びは適当です。

L型で並べる

L型は基本I型をどこかで曲げるだけ

シングルSの8室目で今回は曲げました。

曲げた部分がコアがあるといいなぐらいでとりあえず並べます。

L型は曲げる位置がポイントになります。
大空間の正確な平面的な位置がわからないため
正確な曲げる位置まではわかりません。

並べ終わり

現状どちらプランも、室の配置は今のところ変なところありです。
ここでは必要なものを揃えるだけでいいので適当でいいです。

ここで完璧を求めると時間がかかります。
さっさとスパン出しにいきましょう。

3.スパン出し

スパンを出す上で1番のヒントはI型と同じで

面積
間口寸法

両方とも揃っています。

ツインコリダー型でスパン出し

最初は、X方向

① シングルS、1部屋につき間口3.0m必要なので2部屋で1スパンとします。
  そうすると1スパン6mとなります。

② ツインT、1部屋につき間口4.0m必要なので2部屋で1スパンとします。
  そうすると1スパン8mとなります。

続いてY方向のスパンを出します。

③ シングルSの面積は20m2
  20m2÷間口3.0m≒6もしくは7m
  ツインTの面積は25m2
  25m2÷間口3.5m≒6m
  車椅子使用者用の面積は40m2
  40m2÷8m=5m
  これら3部屋を基にY方向は6mスパン

④ 廊下は片側居室なので芯々で2mでOK
  利用者コアは短辺で4mあればOK
  廊下幅x2+階段幅
  2mx2+4m=8m

X方向6mと8mスパン、Y方向6mと8mスパンとなりました。

4.並び替え

最後に並び替え

その他の設計条件があるか、低層階に求められている留意事項や要求室はわからないためこの条件だけで並び替えします。
並び替えの時に注意すること

コアをバランス良く配置
避難できるように配慮

利用者コア付近に車椅子使用者用を配置
バリアフリーに配慮

最後にバルコニーをつけて終了。

これで完成です。

今回は車椅子使用者用の部屋が要求面積よりも大きくなるので
バルコニーなどで面積調整をすればOKです。

余裕のある方へ

余裕がある方は、

I型・ツインコリダー型・L型それぞれの

XY方向m数・スパン・コマ数・面積などを比較してみてください。

例えば、面積はどの型が増えやすいのかなど

その比較から得られた情報が本番に生かせると思います。

まとめ

まず基準階タイプを進める上で最初のミッションは

最初のミッション

1. 基準階部をどれだけコンパクトにまとめるか
2.基準階部のどれだけ早くまとめるか

の2点です。

エスキス編3シリーズでは

I型でできない場合の対処法

I型でよりコンパクトかつ早くまとめる

敷地・大空間の条件ではI型でまとめることができない

再度、ツインコリダーもしくはL型でまとめる

この方法で最初のミッションをクリアしていきます。

そのための特訓でした。続いて同じような問題3-3から5まで出題します。

役にたったよって方は受験者仲間にこのブログの存在を教えていただければ幸いです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。